おひとりさまゲストへの気遣い

結婚式の招待において「どうしても招待したい友人がいるのだけど、他の友人が参加できなくて、一人になってしまう・・・」そんな時、「一人でもいく!」といってくれる反面どうしたら良いか悩んでしまうという方も少なくないのではないでしょうか。そこで今回はおひとりさまゲストに対しての気遣いポイントをご紹介していきたいと思います。

 

気遣いポイントの一つ目は同じテーブルのゲストの情報を教えるというものです。結婚式の披露宴の間最も長い時間を過ごすのはパーティーのテーブルです。ここでひとりぼっち感を味わってしまうと結婚式自体が哀しい思い出になりかねません。
そこで、事前に同じテーブルに付くゲストの情報を伝えておきましょう。特に隣合わせのゲストについては会話のきっかけになるようなポイントを伝えておきましょう。また逆におひとりさまゲストの周りのゲストにも「ひとりで出席するゲストがいる」といった旨を伝えておくと会話も盛上げてくれるはず。大切な友人が話しやすい雰囲気、そして楽しく過ごせる環境づくりを心がけましょう。また事前に友人の情報を伝えたとしてもなかなか自分から話しかけにくい方もいらっしゃいます。そういった場合は受付を依頼するというのも良いかと思います。他の受付のゲストといきなりではなく、作業をしながら自然と仲良くなれるので会話もし易いかと思います。その場合は参加が決まった時点で、自分を含め受付担当の方とお茶などをして当日の過ごし方を話し合ったりすると当日の不安も少なくなるでしょう。

 

いかがでしたか。当日の主役は新郎新婦のお二人ですが、参加したゲスト全員が楽しめる、参加してよかったと思える結婚式になるようゲストへの配慮も忘れないように心がけましょう。