1.5次会開催時、ゲストへの気遣いポイント

本サイトでもおなじみの1.5次会
1.5次会をする理由としては、海外で挙式したカップルが地元でも結婚のお披露目をしたいときに行なうパーティーのことです。

もちろんはじめから1.5次会を選ぶ新郎新婦も増えてきています。
通常の披露宴のようにガチガチではないけど、二次会のようなフランクさでもない丁度いい感じの1.5次会。そして会費制という分かりやすいシステムから人気がでてきています。
近年1.5次会を行うカップルが増えてきている中で、招待客の中には「ご祝儀はどうすればいいんだろ」「なにかお祝いの品をもっていくべき?」など悩みを持つ方も多くいらっしゃいます。
そこで今回は1.5次会を実施する上での招待客への心遣いのポイントをいくつかご紹介します。

 

まずはお祝儀についてですが、1.5次会は基本的に会費制で行われます。
会費制にすることで招待客の金銭的負担を軽減し、気軽に会に出席してもらうことが一番の目的でもあります。ですので、招待客からのご祝儀は頂かない形をなります。会に招待する際は、お祝い不要の旨をきちんと伝えることを忘れないようにしましょう。
もし、それでもご祝儀を渡したいという出席者がいた場合は、後日個別にお返しを渡すようにしましょう。

 

次にお車代についてですが、遠方のゲスト招待客にはお車代を用意することが結婚式のマナーでもありますが、予算の都合もありますので、もし費用の都合が付かない場合は事前にその旨を伝えておきましょう。お気持ちですので出来る範囲での用意を心がけましょう。

 

最後にお土産ですが、一般的な披露宴での引き出物を招待客に用意するのと同じで1.5次会でもお土産の準備は必要です。
ですが、披露宴の引き出物とは違い、1,000円くらいの引き菓子などを配ることが理想的です。
お料理や、ゲームの景品などその他の予算も踏まえて準備するようにしましょう。

 

いかがでしたか。1.5次会が広まってきているといってもまだ結婚式の形式としては主流とはいえないため、存在を知らない方や初めて参加する招待客も多くいらっしゃいます。新郎新婦の二人が主役の日ですが、招待客への気配りも忘れない様に心がけましょう。