招待状返信の催促

意外とある不安の一つ。
結婚式の招待状の返事がなかなか返ってこない。
返信期間はとっくに過ぎているのに連絡がないと、席次表などの準備も確定できないですし、一番辛いのが自分達の結婚式が忘れられてるんじゃないかと寂しい気持ちになってしまいます。
ですが、この招待状の返信。意外と全員から期日通りに揃うことの方が稀です。
そこで今回は招待状の返信がないときの対応方法をご紹介します。

 

まず、はじめにすることは招待状の返信が返信が届いてないことを軽く打診します。もしかすると「いき違いの可能性」もありますので頭に入れておきます。返信期日に郵送している場合もありますので期日から3日過ぎてからの連絡をおすすめします。また、「もしかしたら、届いているのに誤ってこっちが無くしまってるかも…」、「送り先住所を間違って届いてないんじゃないかと不安になって…」といった具合にこちらに非がある伝え方をしてもOKです。相手に負い目を与えるような言い方はなるべる避けましょう。伝える際、「期限が◯日で…」と相手にプレッシャーを与えることは止めておきましょう。
 

招待状が届いていない旨を伝えたら、その場で出欠の確認をしてみましょう。事前に「出席」と聞いていても、万が一予定が合わなくなり「欠席」になってしまうことも可能性としてあります。出席の場合は招待状の返送をお願いしておきましょう。返信はがきは招待客の名前や住所の確認の際に活用できます。

 

返信はがきが届いていない方は多くの場合は「忘れている」場合が多いですが中には「引っ越しをしていて実家に送ってしまっていた」、「電話などで出欠を伝えていたので大丈夫だと思ってた」という方もいます。あらる事を想定して催促を行いましょう。