顔合わせの食事会

結婚を決意し、ご両親からの承諾も得て本格的に結婚式を意識する二人。
結婚式までの段取りは大丈夫ですか。初めて事なのできちんと下調べを行い段取りを行なっていきましょう。
まず、一番大切な事。それは両家の顔合わせです。
結婚をするということは、本人たちだけでなく、家族どうしの繋がりも発生します。この家族間の繋がりを大切にすることで、今後の結婚生活がより幸せなものになってきます。
そこで今回は顔合わせがどういったことを行なうのかを説明致します

 

まずは、顔合わせを行なう場所です。
一般的にはレストランや料亭などの個室で行なうことが多いです。
または、新婦側の自宅で顔合わせをすることもあります。
顔合わせの進めていくのは、新郎もしくは新郎側のお父さんになります。
出席者新郎新婦と両親の6人が基本ですが、他の身内(兄弟や祖父母)が同席することもあります。
顔合わせ時期については結婚式までの早くて6ヶ月前、遅くても3ヶ月前には行ないましょう。
場所や日程に関しても、余裕をもって顔合わせ日の3ヶ月前までには決めておきましょう。
次に予算ですが、レストランを利用する場合は、一人当たり1万円くらいが相場になります。
顔合わせの内容としては、開始の挨拶を新郎または新郎のお父さんが行ないます。
そして、お互いの家族の紹介をして、婚約記念品の交換、記念撮影をしてから会食となります。
最後に締めの挨拶とお礼をして終わりという流れになります。
時間にしてだいたい2時間くらいになります。
いがいと顔合わせは緊張します。新郎新婦のお二人は顔合わせの内容を当日までイメージを繰り返し、当日少しでも余裕をもてるようにして起きましょう。
幸せな結婚生活を送るために、この最初のイベントを成功させましょう。