両家顔合わせの時の服装【女性編】

婚約してからするべきことの一つに両家顔合わせがありますよね。この顔合わせは両家で集まる初めての正式なお食事会の場所です。家族としての一番最初の正式な儀式。凛とした美しい姿で臨みたいですよね。そこで今回は昨日の男性編に続き、両家顔合わせの際の女性の服装についてのポイントをご紹介します。

 

両家顔合わせの女性の服装は準礼服が一般的です。柄物よりも落ち着いた品のあるワンピースや、落ち着ついてしっかりした印象を与えるスーツなどもお勧めです。この他にも振り袖で顔合わせに望む方もいらっしゃるようです。すでに相手の両親と面識があるからといってカジュアルな格好になりすぎないように気をつけましょう。ちなみにこれだけは絶対に避けほうがいいというものもあります。ミニスカートや肩が出るような露出が多い服、Tシャツ、デニムなどはもってのほかです。あくまで大切な会ということを忘れてはいけません。

 

次に靴についてですが、スニーカーやサンダルなどのフォーマルでないものは履いていかないようにしましょう。着ていく服に合う色の靴で、ヒールがそんなに高くない靴をチョイスしましょう。バッグは大きすぎない小ぶりのものが好ましいです。ショルダーやハンドバッグなどがお勧めです。バッグの中には財布やハンカチ、万が一の伝線などを考えて替えのストッキングなどを入れておきましょう。
 

髪型は服装に合う形で清潔感のあるヘアスタイルにしましょう。ロングの人は上品なアップスタイル。ショートの人はヘアアクセサリをつけることでヘアスタイルにアクセントをつけるのもいいです。メイクも同じく清潔感を意識しましょう。気合いをいれてしっかりしたメイクになりがちですが、薄めのメイクでおしとやかさをアピールする方が相手に良い印象を与えることができます。
 

いかがでしたか。簡単にではありますが、両家顔合わせの際の女性の服装のポイントをご紹介しました。結婚式までには顔合わせの他にもフォーマルなスタイルが必要となる機会まだまだあります。大切な顔合わせですから、服装のマナーをしっかりとおさえておきましょう。