あまり貰いたくない引き出物とは?

もうすぐ結婚式を控えている花嫁のみなさん、披露宴で渡す引き出物はもう決定ししてますか?もう決まったという方もまだ悩んでいるという方も一つ確認していただきたいことがあります。それは「ゲストがもらって困ってしまう物」を選んでしまってはいないかということです。今日はこれだけは把握しておいた方がよいゲストが困る引き出物をいくつかピックアップします。

 

まず1つ目は結婚する二人の顔写真や名前などで装飾した食器類。今はこの引き出物をチョイスするカップルはめっきり少なくなったんですが、食器は持って帰る際になかなか大変、正直家で使用するのも少し困惑。顔写真や名前の入った食器のチョイスはせず二人だけの記念として自分たちで使うだけにしましょう。

 

2つ目はお酒です。お酒を嗜むのが趣味のカップルですと、引き出物に出身地の地酒をチョイスする方が多いのですが、確かにお酒を嗜む方にとっては嬉しいですがお酒をまったく呑めない人には誰かにあげる以外価値がない引き出物になるので存した気分になる可能性があります。どうしてもという方は、お酒が好きな人だけに送る引き出物にして、他の人には別の引き出物を用意しましょう。

 

3つ目はお饅頭等の和菓子です。紅白饅頭など祝いの席によく配られる和菓子ですが、実際は引き出物としてはあまり評判のいい物ではありません。日持ちがしない上に、1回でそんなに沢山食べたいと思うものでもないからです。ですが紅白饅頭以外にも祝いの場で喜ばれるお菓子は他にも色々あります。縁起のいい見た目やオシャレさにこだわりたい気持ちはわかりますが、日持ちするお菓子の方が貰う側としては良い引き出物になるかもしれません。

 

最後は手作りのお菓子です。花嫁さんが手作りしたお菓子などを引き出物として扱う人も中にはいますが、できれば控えるようにしたいです。ゲストの為にがんばってくれたんだなとは思いますが、お店で作られた商品と比較するとやっぱり目劣りしてしまいます。

 

いかがでしたか。今回は貰っても少し困っちゃう引き出物をいくつかピックアップしました。もちろん今回上げたものが絶対に駄目というわけではありません。ですがご祝儀をもらっている分精一杯のお返したいところです。貰った人が嬉しいかどうかを想像して結婚式の引き出物を決めてみましょう。