冬場の結婚式での注意点

冬場の時期の結婚式って非常に寒いですよね。結婚式は動作においても服装においてもマナーが多いものです。今回は寒い時期だからこそ気をつけたい結婚式マナーをいくつかご紹介します。

 

まず代表的なものとして、ブーツはマナー違反です。一般的にブーツはカジュアルファッションのものなので、結婚式などフォーマルな場にはふさわしくありません。自宅から結婚式会場まで移動する場合は、ヒールなどでは足が冷えてしまうのでブーツを履いておいても良いでしょう。会場できちんとフォーマルな靴に履き替えれば問題なしです。またパンプスについてですが、つま先が出たものはやめましょう。「つま先が出る」というのは「妻が先立つ」というところを連想させてしまうので良くありません。

 

ドレスについてですが、冬にはオレンジ、茶、グリーン、ワインレッド系のシックな深いおさえめなトーンから色を選ぶのがお勧めです。冬らしい落ち着いた色というと黒や紺などダークなものも思い浮かびますが、それだと会場が暗くなってしまうことも考えられますので、少し暖色が入ったものを選ぶのも良いでしょう。また素材が薄いものは暑い夏にはピッタリですが、冬だと他に人まで寒くなってしまう様な場合もありますので、ある程度温かみのある生地のものを選ぶのが良いと思います。

 

他にも生脚は冬場だとさすがに寒過ぎますしフォーマルな場にはふさわしくないためストッキングの着用をしましょう。このとき黒だとお祝いムードが感じられないのでませんし、年配の方への印象があまり良くないため避け、肌色のものを着用しましょう。
寒いためコートは着ていくと思いますが式場に着いたらクロークへ預けましょう。注意したいのは冬でも屋外でブーケトスやフラワーシャワーが行われるという点です。そんな時のためにサッと羽織れるストールなどを用意しておきましょう。

 

いかがでしたか。これからの季節はますます寒さが厳しくなり、マナーなんて二の次!となってしまいがちです。しかし自分のためにもそうですが、他のゲストや新郎新婦、親族の方に失礼のないようにマナーをしっかり守りましょう。