納豆は結婚式にはピッタリ?

日本人の朝の食卓ではおなじみの「納豆」。そして幸せの象徴ともいえる「結婚式」。あまりにもかけ離れていると誰もが思うであろう両者ですが、実はそんなことはないのです。納豆にあって、結婚にも必要なものを考えてみてください。

 

・・・もう分かりましたか?それは「粘り」と「(糸の)引き」です。ご納得いただけたかは分かりませんが、だからといって結婚披露宴のコース料理の中に納豆を入れてください、というわけではありません。納豆を結婚式で使うとすれば、実は引出物がおすすめなのです。

 

引出物選びというのはなかなか苦戦するものですよね。何が喜ばれるのかな?と考えたり、もうカタログでいいか!となったりしますね。しかしこの引出物でなにか「気が利いたものを用意したい!」と考える方も多いはずです。

 

そこで、納豆です。最初にご説明した通り実は結婚式での縁起物としてはばっちりですし、(嫌いな人もいますが)喜んで食べる人も多いことでしょう。
何と業者さんによっては、お渡しするゲストの名前と、新郎新婦の名前をパッケージの和紙入れて引出物用の納豆を作ってもらえるそうです。裏面にはメッセージ欄もあり、感謝の気持ちを記す事ができます。

 

十分な意外性と、縁起も担いだ納豆の引出物。ユニークな演出としてはもちろん、日本らしさも兼ね備えていますね。気になった方はぜひ納豆の素晴らしさを感じ、引出物候補としてリストアップしてみてください。