招待ゲストの決め方

結婚式の準備って非常に大変ですよね。決めなければいけないことも多いですし、一つの準備を終わらせるのにも一苦労です。その中でも意外と大変なのが誰を招待するかを決めることです。そこで今回は招待するゲストの決め方についてお話していきたいと思います。

 

結婚式において招待ゲストを決めることは非常に重要です。ゲストの人数によって費用も変動しますし、招待する方によっては、どのような結婚式にするかにも関わってきます。招待ゲストの大半を新郎新婦の友人で占めるのであればカジュアル気味の結婚式、親族を中心に招待するのであればアットホームな結婚式に、といった感じです。
また新郎と新婦で招待したいゲストの趣向が統一されていることも重要です。新郎が主に友人を招待したいというのに対し、新婦が主に職場の人を招待したいという場合、新郎はカジュアル、新婦はフォーマルという具合にイメージにかなりの開きが出てしまいます。その場合は後々、結婚式の細かい内容などを決める際に意見に食い違いが生じてしまいます。
その結果、挙式終了後片方のゲストは盛り上がってたけど・・・というようなことになってしまいます。

 

同様に、双方が招待するゲストの人数調整も重要です。その中でも最も困難なのは、親族、親戚の人数です。一方は親戚の人数を減らすのは困難で、もう一方が人数合わせの親戚の招待をする
気はないというような場合は、無理してバランスを整える必要はないでしょう。
しかし両家の両親から費用援助の申出があり、負担額は招待人数で決めるといった場合には人数調整は必要でしょう。場合に応じて話し合いを行いましょう。

 

いかがでしたか。招待ゲストを決めるポイントは様々です。人数調整を重要視する場合もあれば、結婚式の雰囲気に合わせてゲストを招待する場合もあります。話し合いをしっかりと行い最適なゲスト招待を行いましょう。