結婚式余興の注意点

ご友人や身内、職場の同僚などの気の知れた方の結婚式に参加する場合余興などを依頼されることがあるかと思います。余興といえどあくまでも祝いの場フォーマルな場ということを忘れてはいけません。そこで今回は、結婚式余興を依頼された場合に注意しておきたい点をいくつかご紹介します。

 

まず1つ目の注意点は結婚式に参加した全てのゲストが楽しめる様に配慮するという点です。結婚式には幅広い年齢層のゲストが参加します。友人だけ、職場の人間だけのような特定のゲストだけが楽しめるもの、若年層だけが盛り上がりご年配の方が楽しめないような余興はNGです。内輪ネタ、下ネタ等は避けたほうが良いでしょう。

 

2つ目は親族へ失礼のないように配慮するという点です。結婚式はあくまでフォーマルな場です。いくら新郎新婦と親しくてもくだけ過ぎたりしてしまうと親族からの評判は決して良いものにはなりません。それどころか新郎新婦に恥をかかせることとなってしまいます。余興といっても「礼儀正しさ」は常に頭に入れておきましょう。また新郎新婦の要望をしっかりと取り入れましょう。完全に任せるという場合もありますが、新郎新婦から何かしらのリクエストがある場合もよくあります。事前にリクエストの有無や避けてもらいたい内容等を確認し、最終確認を行えば安心して式をむかえられます。

 

いかがでしたか。今回は結婚式の余興を依頼された際の注意点をいくつかご紹介しました。近年では結婚式の余興は高い注目度があり、結婚式だけでなく新郎新婦やその親族の方々の評価にもつながり得る重要な項目です。注意すべきポイントはしっかりとおさえ、ゲスト全員が楽しめるような余興にしましょう。