結婚式遅刻時のマナー

結婚式に招待された際、遅刻をしないようにするというのは最低限のマナーです。しかし、予想だにしない事態によりやむを得ず遅刻をしてしまうという場合もある
でしょう。そこで今回はお呼ばれ結婚式に招待された際、遅刻してしまったときのマナーについてお話します。

 

万が一遅刻をしてしまった場合ですが、決して慌てないようにしましょう。遅刻してしまう事がわかった時点で最初にすることは結婚式場への連絡です。結婚式のその日の流れや進行を全て管理しているのは会場側ですので、連絡をしてこれからの指示を仰ぎましょう。まず主役である新郎新婦に謝罪をしたいという方もいらっしゃいますが、当日は非常に多忙です。連絡はなるべく入れないようにしましょう。また結婚式に出席する友人に連絡を入れるのも良いでしょう。最も良いのは会場への連絡ですが、それが無理である場合は友人へ連絡し会場スタッフへ連絡してもらいましょう。遅刻をしてしまう際に、絶対にしてはいけないのが連絡をしな
いことです。招待したゲストが全員揃っていない場合心配を掛けることとなります。その結果、結婚式の開始を滞らせてしまうといった事態にもなり得ますので、連
絡は必ず行いましょう。

 

次に会場に入る場合ですが、慌てて入場し視線を集めてしまうという事態は避けましょう。会場に連絡を入れている場合は会場スタッフが誘導してくれます。入りや
すいタイミングを会場スタッフに聞き、入場するようにしましょう。そして遅刻して最も困るのはご祝儀の渡し方かと思います。受付の際に預けるのが一般的ですが、遅刻してしまった場合すでに受付が終わっている場合もあります。その場合は結婚式、披露宴や二次会などが終わり次第、お詫びとともに新郎新婦に直接渡すようにしましょう。式の最中に渡すのはマナー違反です。

 

いかがでしたか。どんなに準備を念入りにしていても不測の事態は起こるものです
。遅刻をして慌ててしまい、更に迷惑をかけてしまうということがないよう上記の
ことをしっかりと頭に入れておきましょう。