意外と悩む装花について

装花とは会場装飾花の略語です。結婚式場や披露宴会場を華やかにするものとしてなくてはならない大事な物です。しかし、この装花意外と値段が高く驚く人も多いのではないでしょうか。装花の平均費用は、会場の広さや選ぶ花など様々な条件で変動しますが、15万円前後が平均のようです。

 

また、会場の色々な所に装飾できるようになっており、ケーキナイフや階段の手すり、マイクやトイレなど装花は派手にしようとすればキリがありません。どこにお金をかけるかを予め決めておかないと確実に予算オーバーしてしまいます。かといって節約しすぎると見た目が寂しくなってしまい、貧相なイメージになってしまいます。女性ゲストの中には装花の見た目で式にお金をかけている、ケチってると評価をする人がいます。後日他人に話したり、語り継がれる可能性もあるようです。
中には新郎新婦への贈り物として両親をはじめ家族がプレゼントするという形もあります。そういった提案が合った場合は会場スタッフとだけではなく家族とも話し合い、希望が通るようであればどのような花が良いのかを伝えておくのもひとつの方法でしょう。

 

装花の打ち合わせは、ホテルや式場と提携しているお花屋さんと行うのがほとんどです。色や雰囲気、値段などを新郎新婦と相談しながら決めていきます。2人の希望をしっかりと伝えることが大切です。また、新郎は新婦と比べると装花などの飾り物に対しての関心が薄い場合が多いです。しかし花というのは花言葉もありますし、込められた意味も様々です。色によっても雰囲気はガラッと変わります。結婚式には2人の中の「テーマ」もあるはずですので、新郎の方も新婦に任せっきりせずに一緒になってぴったりな装花を探しましょう。