遠方からのゲストへのお車代

結婚式を行う上で、決めなければいけないこと、考えておかなければいけないことがたくさんありますが、お車代は見落としがちです。遠方からわざわざ足を運んでくださる方に負担がかからないよう対応しなければいけません。

 

遠方から来る招待客は自費で結婚式に出席しようとすればご祝儀に交通費、宿泊費などの余分な費用までかかってしまいます。全額負担が理想ですが、遠方ゲストが多い場合は半額負担でも問題ありません。
お車代については招待状を送る前に電話で事前に確認をしましょう。具体的な金額は伝えなくてもどの部分まで負担できるのかを伝えれば、半額負担してくれるなら出席しようと考える人もいるでしょう。招待状が届くまでに相手に選択の余地を与えることが大切です。やはり移動距離が長くなればなるほど、出席を躊躇してしまいがちですので、大切なゲストに出席していただきたいのならば確認は迅速に行う事を意識しましょう。

 

事前に連絡をせず、こちらの都合で決めたお車代を渡すことは一番やってはいけないことです。何時間もかけてきたのにお車代がほとんど出なかった。と思われるかもしれません。質問サイトや体験談ではお車代に対して不満を感じている人が多いことが分かります。

 

結婚式とは人間関係がものを言う式典ですが、それは今までの関係だけでなく今後の関係まで考えさせるものになるのは間違いありません。今後のお付き合いのためにも、遠方ゲストの状況はしっかりとリサーチ、連絡をしてお車代を準備するようにしましょう。やり方がいまいち不安だと言う方は結婚式を挙げたことのある先輩や両親に相談すればより確実になるでしょう。ぜひしっかりと準備をして不安なく結婚式当日を迎えてください。