ウェディングプランナーの役割

婚約を交わし、結婚式の準備に取り掛かろうとしているカップルのみなさん、結婚式の準備は決めることもしなければならないことも非常に多く大変ですよね。不安を抱いている方も多いのではないでしょうか?そんな大変な結婚式準備をサポートしてくれるウェディングプランナー。実際にどこまでサポートしてくれるのか、どこまで頼っても良いのか把握していますか?そこで今回はウェディングプランナーのお仕事についてお話したいと思います。

 

まずウェディングプランナーとは、一言で言うと結婚式をプローデュースするのが役割です。結婚式の準備となると、費用、日取り、ゲストへ贈る招待状の準備など決めなければいけないことがたくさんあります。それらが円滑に適正に決められるようお客様のご要望を聞きそれらに見合った最適の提案をするのがおおまかな仕事となります。

 

ウェディンプランナーの業務を細かく分類すると、3つに分かれます。1つ目は提案・営業です。カップルからのヒアリングや会場案内をし、どのような挙式ができるのかを提案・営業を行います。ここがどのような結婚式になるかを左右するポイントとなりますのでカップルのみなさんは遠慮せず質問、相談を行いましょう。
2つ目は事前準備です。式を挙げてもらえることが決定したら次は事前準備となります。見積もり、挙式当日までのスケジュール、式の内容等を決めていきます。また当日のスタッフ業務の担当者、指示、打ち合わせ等の日取り決めも行います。結婚式に関することのほとんどの事項の決定権を持っていますので、カップルのみなさんは細やかな要望質問もしっかりと行っておいたほうが良いでしょう。
3つ目は当日の業務です。手配したものの確認、円滑に式が進行するための気配り、各スタッフへの指示を行います。トラブルにも適確に対応できるように進行具合を常にチェックしていきます。

 

いかがでしたか。仕事のおおまかな内容を把握しているだけでも、プランナーさんとの関わり方が違ってくるのでは無いでしょうか?カップルのみなさんは存分にプランナーさんに相談、要望をし、最高の結婚式にしましょう。