職場での結婚報告

婚約が成立し、結婚が決まるとしなければいけないことがたくさんあります。ご両親への報告、結婚式の準備、結婚に伴う様々な法的手続きなど挙げたらきりがありません。その中でも今回ご紹介したいのは、職場への結婚報告についてです。職場への報告は友人などプライベートな関係で気の知れている方への報告とは勝手が違ってきます。

 

気を付けなければいけないポイントは代表的なものでは4つ、報告前の確認、結婚報告の順序、報告をする時期、報告後の仕事に関する確認です。
まず「報告前の確認」ですが、報告する前に結婚式に招待するかどうかをしっかりと確認しておきましょう。招待する場合には報告と同時に結婚式に招待する旨を一緒に伝えなければなりません。

 

次に「報告の順序」ですが、まずは直属の上司、それから先輩や同僚知人の順番が一般的となります。場合によっては上長に一番先に報告する場合もあります。数ある注意点の中でもこれは最も重要かと思います。

 

そして「報告する時期」についてですが、「来週結婚します!」、「今月中に結婚する予定です」なんて報告は絶対にしてはいけません。遅くても結婚式当日から約3〜4ヶ月前には報告をしましょう。ご理解いただけているかと思いますが、結婚式の招待をするということは相手に予定を抑えてもらうこととなりますので余裕を持って報告するのが最低限のマナーです。

 

最後に「報告後の仕事に関する確認」についてですが、職場への報告時上司が最も気になるのが、結婚後仕事を続けるのかどうかです。退職の場合はその旨を伝え、続ける場合はこれからも精進するといった旨を報告しましょう。挙式、ハネムーンなどによる休暇についても確認しておく必要があります。

 

いかがでしたか。今回は職場への結婚報告について代表的なポイントをいくつかご紹介しました。社会人として恥ずかしくないよう、マナーを守り節度のある結婚報告を行いましょう。