ウェディングドレス試着の予備知識

結婚式で素敵なウェディングドレスを着たい!女性の方なら誰しもが持つ憧れですよね。その結婚式で自分が思う最高の一着を身にまとうためにも慎重に、念入りに試着、ドレス選びを行う必要があります。そこで今回は、ウェディングドレスを試着する上で身に付けておきたい予備知識をいくつかご紹介します。

 

まず、試着をする時期ってだいたい何時頃なのでしょうか。基本的にウェディングドレスの試着をし始めるのは挙式当日からおよそ半年〜1年ほど前からです。とはいっても実際は挙式日が決まってから、それまでの期間は人それぞれですのであくまで目安として考えましょう。

 

最初の試着までの流れを簡単に説明すると、結婚式会場を決める、次に式場提携のドレスサロン、ドレスショップなどへ初回の試着の時期を相談し決定、そして試着という流れとなります。次に試着の回数についてですが、平均回数はだいたい4、5回となります。初めの一回でウェディングドレスを選び、残りは選んだウェディングドレスに合うアクセサリー等の小物選びとなります。

 

最後の一回は挙式の直前でサイズのフィット感を最終確認する際に使いますので頭にいれておきましょう。これもあくまで目安ですので回数のは特にはこだわらず自分の納得行くものを選んでいきましょう。最後に一回の試着に要する時間についてですが、おおよそ2時間〜3時間程となります。これもあくまで目安ですので、場合によっては長くなることも短くなることもあります。ですのでウェディングドレスの試着の後、もしくは前に予定を入れる場合は、時間に余裕を持って計画を立てましょう。

 

またスケジュールに関することですが、ドレスショップなどへの予約は早ければ早い程よいです。土日などは殆ど埋まってしまっている場合がほとんどですのでもし希望日があれば早めに予約しておかないと先延ばしになってしまい、結婚式準備がスケジュール通りに進まなくなってしまします。

いかがでしたか。今回はウェディングドレス試着における予備知識についてお話しました。結婚式準備や試着が円滑に進み、余裕を持って結婚式に臨めるようにしっかりとした知識を身に付けておきましょう。