婚約期間中にやるべきこと

結婚への憧れは多くの人が一度は抱く感情かと思います。彼からのプロポーズを受け、お互いの両親の了承を得ることで婚約が成立。二人の関係は恋人から婚約者。結婚への一歩を踏み出します。ですが婚約から結婚までの期間つまり婚約期間中には、しなければならないことがたくさんあるんです。そこで今回は婚約期間中にするべきことを幾つかご紹介したいと思います。

 

まず婚約から結婚までの期間で最も割合の多いのは約1年です。約半数をこの期間が占めています。ではこの間にするべきことは何でしょう?

 

まず初めに行うべきことはお互いの親族への挨拶です。挨拶の際に、婚約の報告をします。ここで結婚の承諾を得ることとなります。次に行うことといえば婚約指輪、結婚指輪選びかと思います。プロポーズ時に購入していた場合は別ですが、基本的に婚約指輪は両家の顔合わせ等を行うまでに用意しておきましょう。オーダー品だと半年近くの時間がかかる場合もありますので注意しましょう。
結婚指輪についてですが、いざ結婚式の準備に取り掛かると想像以上に忙しくなってしまい、購入する時間があまり取れなかったということもよくありますので、婚約指輪選びの際に既に決めておくかある程度のめどを立てておくと良いでしょう。

 

結納も必須事項です。ですが近年正式な結納をする方はは減少してきており、略式の結納をするのが一般的となってきています。結納の代わりに両家での食事会をする方も増えてきています。自分たちや両親の意向からどのようにするかを決めましょう。他にも新居探し、職場への報告、ハネムーンの予約などすべきことはたくさんあります。

 

いかがでしたか。今回は婚約期間中にするべきことをいくつかご紹介しました。今回はあえてご紹介しませんでしたが、これらの中に結婚式の準備等も入ってきます。充実した婚約期間になるようにするべきことをしっかりと理解し、スケジュールなどを立てておくと良いかもしれませんね。