式場契約時の確認ポイント

みなさん結婚式に関するトラブルが年間でどれくらい起こっているのかご存知でしょうか?なんと1500件にもおよぶのです。その大半が新郎新婦と結婚式場側との間で起こっているといわれています。そこで結婚式でのトラブルを避けるため、式場との契約時に確認しておくべきポイントをいくつかご紹介したいと思います。

 

まずはおおよその見積額を確認後、最終的にはどれほどの費用がかかるのか確認しましょう。結婚式の費用は見積もり通りにいくことはほぼ無いと考えましょう。契約前の時点である程度最終的な見積額を把握し、納得したうえで契約することで、金銭トラブルを避ける事ができます。

 

担当プランナーの確認も大切です。結婚式準備をしていくうえでプランナーさんは非常に重要な立ち位置となります。契約時に接客していただいたスタッフと、実際のプランナーさんは異なる場合も有ります。契約後いざ準備に入ると初対面のプランナーさんであまり意見が合わないなんてことのないようにしっかりと確認しましょう。

 

他にも写真のサンプルを見せてもらっておくと良いでしょう。結婚式における後悔ポイントで非常に多いのが写真関連です。契約前からウェディングフォトの大体の仕上がりをイメージしておくことで、写真の仕上がりでトラブルが起こることはないかと思います。

 

持ち込みもトラブルの要因となりやすいです。持ち込みが完全に禁止されている場合もありますし、多額な持ち込み料がかかる場合もありますので事前に確認をしておきましょう。持ち込みが多くなると式場の儲けも少なくなり、嫌う式場もあるようです。

 

そして絶対に確認しておきたいのがキャンセル料についてです。多くの方は契約の時点で既にキャンセルするという選択肢は考えられない方がほとんどかと思います。ですがキャンセル料に関するトラブルも非常に多いです。どれくらいの期間からどれくらいのキャンセル料がかかるのかより具体的な説明を受け、しっかりと把握しておきましょう。

いかがでしたか。今回は結婚式トラブルを避けるための契約前の確認ポイントをいくつかご紹介しました。トラブルの無い、素敵な結婚式になるように事前の確認をしっかりと行いましょう。