海外からのゲスト招待時の対応

みなさんお呼ばれ結婚式の際に外国人の方を見かけたことはありませんか?昔はそれほどでもありませんでしたが、近年急速に国際化が進んだことにより、日本での結婚式に海外のゲストを招待するという方もだんだん増えてきました。しかしいざ招待するとなると、お祝儀やお車代はどうしようと困ってしまう方も多いのでは無いでしょうか?そこで今回は海外のゲストを招待する際のお祝儀と、お車代の対応についてお話します。

 

そもそもお祝儀とは日本独自の文化で、海外には存在しません。同じような意味合いのものとして新郎新婦が新婚生活で必要な物をリストアップし、それを元に結婚祝いとしてギフトを贈るという風習があります。
つまりそもそもお祝儀という風習を知らないという方も多いですので、お祝儀はなし、交通費は自己負担というのが一般的かと思います。自分が海外に結婚式に行くと考えればイメージしやすいかと思います。海外からの外国人であればこれで良いのですが、問題は海外在住の日本人ゲストを招待した場合です。

 

この場合は結婚式に合わせて帰国してもらうというよりは、帰国のタイミグと結婚式のタイミングが合えば参列してもらうという考え方をしましょう。本題ですがご祝儀をいただき、交通費等をお車代としてお渡しすると良いかと思います。またお車代は絶対にお渡しするというものではなくお気持ちとして渡すものですので、遠い海外から結婚式に合わせて帰国してくださったゲストの方には多めにお渡しするのが一般的かと思います。

 

いかがでしたか。今回は海外のゲストを招待した際のお祝儀やお車代の対応の仕方についてお話しました。海外から結婚式に参加するというのはお金もかかりますし身体的にも疲労が溜まるものです。それらを踏まえた上で、それでも参加してくれたゲストのために無理をしない程の気遣いをできるようにしておきましょう。