お呼ばれ結婚式での振り袖

みなさん、振り袖を着る時といえばどんな時を思い浮かべますか?それほど多いというわけでもなく、成人式や結婚式ぐらいかと思います。近年ウェディングスタイルが多様化、自由化してきている中でお呼ばれ結婚式で振り袖を着て行ったら少々場違いなものとなってしまったという方もいらっしゃるようです。そこで今回は、お呼ばれ結婚式の際の振り袖の着用についてお話したいと思います。

 

まず結婚式に振り袖を着て行く場合、相応しい結婚式と、敬遠されがちな結婚式があります。相応しい結婚式は新婦のご友人として列席する場合です。結婚式というフォーマルな場で、格式高い振り袖を着てくれるご友人が多いというのは親族からしても喜ばしいものです。

 

次に敬遠されがちな結婚式は新郎側のゲストとして列席する場合です。新郎側ゲストは全員男性でなければいけないという決まりはなく、女性のゲストが列席する場合もあります。しかしその場合は服装には気を付けましょう。振り袖を着るということは同時に独身であることも表しています。そのことに抵抗を感じてしまう新婦の方もいらっしゃいますので注意が必要となります。

 

他にも子供のゲストが多い結婚式やあまり固くなく比較的カジュアルな披露宴などではあまりオススメできません。子供が多い場合は服が汚れてしまうという可能があります。和装で格式の高い衣裳である振り袖はカジュアルな雰囲気とは合わない事もありますので気を付けましょう。

 

いかがでしたか。今回はお呼ばれ結婚式での振り袖についてお話しました。お呼ばれ結婚式のの振り袖の着用は時、場所、場合をしっかりと把握し検討する必要があるみたいですね。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。