素敵なオリエンタル和装

結婚式を挙げう予定のある方、また既に結婚式を挙げていらっしゃる方の中には、挙式当日の衣裳を振袖などの和装にするか、ウェディングドレスにするか非常に悩まれた方が多いのでは無いでしょうか?ですが最近では振袖をドレスの様に着ることができるのです。それを可能にしているのが、オリエンタル和装と呼ばれるもの。今回はそんなオリエンタル和装についてお話したいと思います。

 

オリエンタル(oriental)という言葉は東洋の、東洋らしいという意味を持っています。つまりオリエンタル和装とは、東洋風の和装ということですね。最近では、振袖ドレスだったり着物ドレスと呼ばれることも多いようです。結婚式を白無垢等の和装にするか、ウェディングドレスにするか迷っている方にとってはうってつけの選択肢ですね。

 

オリエンタル和装と聞くと元々の衣裳に手を加え、アレンジをしてドレスのような形に持っていくと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが実は衣裳に手を加えることはないのです。はさみで切ったり、縫い付けを行うこともなく着付けの技術だけで仕上げます。ですので家で代々受け継がれてきた着物や、成人式の際に購入した振袖等の思い入れのある大切な衣裳の場合にも安心して着付けをしていただくことができます。最近は結婚式のスタイルにも衣裳、演出にもオリジナリティを出したいという方が増えてきていますが、オリエンタル和装はしっかりと個性を出すことができます。そしてオリエンタル衣裳の大きなメリットは本来そこそこの費用がかかる衣装代を削減することができるという点です。まさに一石二鳥ですね。

 

いかがでしたか。今回は最近流行り始めているオリエンタル和装についてお話しました。とっても素敵で、且つオリジナリティもしっかりと出すことのできるオリエンタル和装。是非検討してみてはいかがでしょうか。