ご祝儀の取り扱い方

ゲストとして結婚式に招かれた時、必ず用意するのがご祝儀ですね。もちろんご祝儀袋の中には決して安くないお金が入っていることがほとんどですので、取り扱いには十分注意したいところです。また、結婚式の場でお金をどう扱うかというマナーにも注意したいところです。今回はそんなご祝儀の取り扱い方についてご紹介します。

 

まずご祝儀の準備ですが、金額は自分と結婚する人の関係性などを考慮して準備しましょう。相場は3万円前後が今は多いですね。ご祝儀袋の中にはもうひとつ袋が入っており、その中袋と呼ばれるものにお金を入れるのが一般的です。その際にはお札を表向きにして入れるようにしましょう。また、お札の人物が印刷されている方が先に見えるように入れておくと、よりわかりやすく丁寧であるといえます。他にも新札を用意した方がより適していると言えます。当日までに銀行で両替してもらうこともできればしておきましょう。

 

次にご祝儀の持ち運びについてです。ご祝儀を自宅から会場まで持ち運ぶ際に使いたいのが、袱紗(ふくさ)です。袱紗とは冠婚葬祭で用いられることが多い、お金が入った袋を包む布の入れ物のことです。袱紗を使用することで、ご祝儀の取り扱いに注意が向くようになりますし、「金品をきちんと袱紗にいれて運ぶ」という昔からの日本のマナーに沿うこともできます。使用しなければマナー違反にあたる、ということではありませんが、よりよいご祝儀の取り扱い方として袱紗を持っておくことも良いかと思います。また、慶事用は右開き、弔事用は左開きとなっておりますので間違えないようにしましょう。袱紗がすぐに用意できないというときはハンカチに包んで紛失しにくい場所にしまっておくと良いでしょう。そして袱紗からご祝儀を取り出すタイミングは、受付の時に挨拶をし、ご祝儀を渡す直前です。最後まで大事に管理し、責任を持って受付の方へ渡すようにしましょう。

 

大切な人へのご祝儀の取り扱いは、丁寧にしてしすぎることはないと思います。今一度自分の取り扱い方を見直して、より丁寧に扱えるようであれば上記のことを参考にしてはいかがでしょうか。