ご祝儀の使い道

結婚式をひらくにあたって、多くのゲストからいただくことになるであろう「ご祝儀」。たいへん貴重なお金ですが、その使い道はみなさんどのようにしているのでしょうか?今回はご祝儀の使い方として多かった声をいくつかご紹介します。

 

まずは、新郎新婦が受け取り、ふたりの新生活へと利用するというもの。なんとなく想像できる答えですが、やはりのこパターンがかなり多いようです。家具や家電、引っ越しと、何かとお金がかかるのが新生活。ご祝儀でまとまったお金が入ったとしても、計画的に利用することを心がけましょう。また、無理に使わずともすぐに貯金するという人も多いようです。

 

次に、両家の両親へと分配する場合もあるようです。結婚式の費用を、両親が援助することも多く見られます。場合によっては結婚式の費用を全額や、半分以上援助してもらったというパターンもありますので、そういったカップルは結婚式後に両親へご祝儀でいただいたお金を返すことも多いようです。援助してもらった金額によって返す額も変わってくるでしょうから、しっかり金額を確認することや話し合いでどれだけ返却するかを決めておくことをしっかりと行いましょう。

 

最後に、ご祝儀をそのまま結婚式費用にあてるというものです。これは式場にもよりますが、前金ゼロで祝儀払いができるプランを利用していればこのパターンもあり得るかと思います。費用面で結婚式が難しいと思うカップルには最適な方法のひとつではないでしょうか。式場側とよく話し合うことと、きていただくゲストの数を正確に把握したうえで、この使い方をするようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。結婚式に関わるお金をどのように準備していたかで、ご祝儀をどう使うかということも変わってくるのかと思います。いずれにせよゲストの気持ちがこもった大切なお金ですので、ふたりにとってので最適な使い方をしていきたいですね。