結婚前の「お金」問題

結婚式やパーティーにはもちろん、食事をしたり病院へ行ったり、普段の生活にも絶対に必要な「お金」。現在、結婚を考えてお付き合いをしているパートナーがいらっしゃるみなさんは、そのパートナーの年収や貯蓄、負債の状況などをしっていますか?

 

お金と言うとなかなか口にし辛い問題であると思いますが、結婚前にお金関しての情報を知っておく、伝えておくのはとても大事なことです。その中でも特にお互いが知っておきたいのは先にも書いた「年収・貯蓄・負債」の3つです。

 

年収からは、ふたりが結婚しても問題なく生活していけるか?という未来を考えなければなりません。特に女性は妊娠・出産で働くことができなくなる期間もあるでしょうから、そういったことも考えてお金の管理の仕方を考えていく必要があります。また、この金額では厳しいと思えば、共働きをどうするか?ということや、場合によっては転職なども視野に入れる必要があるでしょう。将来のことを考えて給料のうちの何割かを貯金に回す、などルールを決めて管理していくことも大事ではないでしょうか。

 

現在の貯蓄を知ることは、結婚式をどうするか?スムーズに新生活のスタートが切れるか?というところにかかってきます。お付き合いの段階では、財産を別々に管理していることがほとんどでしょうから、一度ふたりで現在の額を把握して、例えば結婚式資金には足りないと思えば貯金の目標を決めるなどして頑張っていく必要があります。十分な貯蓄があると思えばさらに未来のことを考え、計画性をもってお金を使っていかなければなりません。何よりもまずは、お互いが現在の貯蓄の額を教え合って相談することが第一歩です。

 

最後に負債を知ることです。負債がないに越したことはありませんが、進学の際に奨学金を利用している人もかなり多い時代です。まだ完済していない負債がある場合は正直に打ち明け、月にどれくらいの額を返さなければならない、ということを伝えておきましょう。またカードのローンやキャッシングなどの負債はいち早く完済し、お金の使い方を見直す必要があるでしょう。

 

今回は結婚前のお金の問題についてお話しました。結婚後は、お付き合いの時期よりもお金に関してよりシビアにならなければなりませんし、実際にお金が原因でケンカをしてしまうことも多くなってしまうかもしれません。今回の3種類のお金というのは結婚前に一度ふたりの状況をきれいに洗い出し、これからの話し合いをしましょう。明るい未来への第一歩となるはずです。