金属アレルギーと結婚指輪

結婚した二人が身につける結婚指輪。女性なら誰しもが憧れますよね。そして結婚の証としても身に付けられる結婚指輪、一生大切に身につけたいですよね。そんな結婚指輪ですが、金属アレルギーの方にとってはどうすればいいの?と悩まれる方も多いでしょう。そこで今回は、金属アレルギーの方向けの結婚指輪の選び方や対処法をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず、指輪の素材についてですが全ての金属がだめというわけではありません。個人差はあるものの、金属アレルギーが起こりにくい、もしくは起こらない金属もあります。
金属アレルギー起こさない金属はレアメタル素材が挙げられ、起こしにくい金属にはプラチナや金などが挙げられます。

 

レアメタル素材は別名希少金属と呼ばれ、代表的なものとしてはチタンなどがあります。このレアメタルは非常に硬質なのが特徴で、加工が困難とされてきましたが、近年で加工技術の進歩により精密な加工も可能になってきいます。

 

アレルギーを起こしにくい金やプラチナですが、傷がつきにくくするために他の金属を混ぜて加工する場合も多く見られます。その混ぜた金属が原因でアレルギーを起こしてしまうというケースもありますので注意が必要です。

 

逆に、アレルギーを起こしやすい金属は銅や銀などがあげられます。安価で加工しやすのが特徴です。しかし、その特徴から汗に溶け出しやすいという性質があります。それが原因で金属アレルギーを起こしやすいとされています。金属アレルギーの対処法ですが、完璧な対処法といえるものは現在ではなく、汗をかくときにはつけない、手を常に清潔に保つといったものです。どうしても銅や銀が体に合わない人は、金属アレルギー専門の指輪オーダーメイドのお店もありますので、そちらで相談・購入を考えてみてはいかがでしょうか。

 

金属アレルギーはもともと持っていない方でもちょっとしたきっかけにより発症する場合があるアレルギーです。せっかくの結婚指輪、アレルギーに悩まされず一生の宝物としていつまでも大切に身につけられるようにしたいですね。