節約のスタートは自炊から?

結婚後というのは、ひとり暮らしの時と比べて自由に使うことができるお金が減り、節約生活をしいられることも多いのではないでしょうか。その節約の第一歩として、誰もが手が付けやすいのが食費です。今回は食費の節約と意識についてお話します。

 

食費の節約で一番に思いつくものといえば、やはり「自炊」。料理が苦手な人でも、節約のためには避けては通れないでしょう。外食で1000円を使うのと、買い物にいって自炊用の食材を1000円分買うのとでは、食べられる量にするとかなり違うものです。自炊のメリットはほかにもあります。料理の腕を磨くことができるのはもちろん、食べきれなかった食材を次の日のお弁当用に回すことができるのも大きいかと思います。晩ごはん用とは別にお弁当用のおかずを作って保存しておけば、次の日の朝の時短にもなりますね。

 

また節約のための自炊テクニックとしてぜひ覚えておきたいのが、食材をムダにしないことです。食材がムダになってしまう原因のひとつは、買い物の際に買い過ぎてしまうことです。ただ食べたいものや思いついたものをどんどん買い物かごに入れてしまっては、消費期限が短い食品などを使い切れずにだめにしてしまうことがあります。買い過ぎて何を買ったか忘れてしまい、次の買い物で同じものを買ってしまうなどのリスクもあるので、買い物メモを作成して必要なものだけを買う習慣をつけましょう。
買った食品を管理することも大事です。野菜や果物はできれば早く食べた方がいいものも多いので、足が早い食品を知ること、すぐに使うことを心がけましょう。特にほうれん草などの葉野菜や、一度カットした野菜というのは痛みが早いのでなるべくすぐに使うようにしましょう。

 

ほかにも冷凍をうまく活用する、出勤時は水筒を持つ、作りだめをする、といったふうに自炊の工夫はたくさんあります。外食やコンビニ弁当を使わずに全て自炊だった場合の金額は、個人差もありますがひと月で見ると結構な額になります。将来の生活のためにも、楽しい自炊生活を始めてはいかがでしょうか。