内祝いはどうしたらいいの?

結婚式に参加してくれたゲストの方には当日のうちに引出物やプチギフトという形でお礼の品を贈るものですが、当日に参加できなかった人からお祝いをいただいた場合はどうすればよいのでしょうか?

 

上記のような場合は「結婚内祝い」としてお返しをするのがマナーです。結婚披露宴に招待できなかった人、招待はしたが相手の都合でどうしても出席ができなかった人、このような人たちが結婚式とは別の場でお祝いをしてくれたときに、結婚内祝いとしてお返しをするのです。

 

気になる結婚内祝いの相場ですが、いただいた結婚祝いの金額の半分くらいだと言われています。それより少し多めでも少なめでも構わないでしょう。

 

それでは内祝いの品はどのようなものがよいのでしょうか?一番は、相手の好みが分かっていて、それに応じた品を選ぶことが望ましいでしょう。結婚祝いをいただくことができるということはある程度知った仲でしょうから、好みを把握している場合は相手の趣味・嗜好に合わせて品物を選びましょう。また、家族構成なども参考にするといいかと思います。

 

相手の好みなどがあまり分からない場合は、日常的に使用できるものがいいでしょう。ポイントとしては、もらっても困らないものを選ぶということです。たとえ洗剤などは消耗品でいくらあっても困らないので内祝いには向いていると思います。食品などにしたい場合は日持ちがして好き嫌いがあまり分かれないものを選ぶとベターです。

 

最後にのしの選び方と渡し方です。表書きに「内祝」と書き、紅白の水引き10本結び切りのものを用いれば問題ありません。引出物にもこののしを用いることが多いので、引出物のときに使ったものと覚えておけばいいでしょう。
また望ましいのは手渡しですが、遠方で難しければお礼状を添えて送るようにしましょう。その後には電話を一本入れるなど、感謝の気持ちを伝えることが大切です。

 

結婚式に参加ができなかった人でも、お祝いをいただけるということはふたりのことを思ってくれている大切な人です。結婚式に参加してくれたゲスト同様に感謝の気持ちをしっかり伝えてお礼をしましょう。