婚約のお知らせはどうするの?

結婚の前段階である婚約。人生の大きなポイントであるとともに、うれしいものでもありますね。この喜びを大切な人に伝えたい、というとき、みなさんならどうしますか?今回は婚約が決まったときのお知らせの仕方について考えてみたいと思います。

 

①一度に多数に発信できるSNS
最近では若者だけでなく老若男女が利用しているSNS。この方法でお知らせをしたいと思っている人もきっと多いことでしょう。むしろ、結婚などの報告の書き込みを見たことがあるという人が大多数ですよね。
SNSの利点はやはり迅速に、多数の人に伝えられるということですね。その一方、SNSを利用していない人には伝えられない、伝える必要がない人にまで伝わってしまう、というデメリットがあります。また、もしかするときちんと直接あいさつをしてほしいと思っている人もいるかもしれませんので、あくまでも補助的な役割だと捉えておくのがいいかと思います。

 

②直接のあいさつ
婚約を伝えたい人に、直接あいさつに伺う方法。こちらは由緒正しき方法だと思いますが、相手の予定や、遠方の方にはどうするか?という問題もあるので、全ての人へ、となると難しい方法であるといえます。特にお世話になった人・どうしても伝えたい人にしぼってあいさつに行くのが主流になっています。また遠方の人へ直接行くことができない場合は、はメールなどではなく電話で直接声を届けた方がより丁寧だといえます。

 

③婚約通知状
婚約通知状とは、はがきや手紙のようなスタイルで、文書にして送る、というものです。日本に浸透しきっているものではありませんが、相手に与える印象や一度に多くの人に送ることができるということを考えるととても便利な方法であるといえます。
特に決まった文面があるわけではないので、自分たちのことばで丁寧に婚約を伝える旨を記せばいいかと思います。SNSやメールでは軽すぎるかな・・・と思う人はぜひ利用してはいかがでしょうか。

 

さまざまな方法がある婚約のお知らせの仕方ですが、自分のライフスタイル・周りの人との関係に応じて変わってくるものでもあります。しかしいかなる場合でも、気持ちを込めてお知らせをするということは大事だと思います。大切な人に、自分たちに合った方法で、なおかつしっかりとお知らせをするようにしましょう。