中座の際のエスコート役

1.5次会や結婚披露宴では、花嫁のお色直しのために中座をする場合が多いですね。そこでエスコートをするのはもちろん新郎以外の人になってくるわけですが、誰にどのような形でお願いをするのがいいのでしょうか?

 

このエスコート役には決まりはなく、花嫁の意思で決定することが一般的です。やはり多いものとしては、家族です。母親とふたりで、というのは王道中の王道ですね。自分を産み、育ててくれた一番の感謝の気持ちをもつべき人。ヴァージンロードの役割は父親ですので、中座の際は母親に、という花嫁さんはとても多いようです。
姉妹や兄弟も素敵ですね。大人になると会う機会も減ってしまうことが多いですが、結婚式という大きなイベントで絆を確認するのもいいかと思います。普段は照れなどもあるかもしれませんが、これからの仲を深めるためにもいかがでしょうか。
小さなころおじいちゃんやおばあちゃんに育ててもらい、両親と変わらないくらいお世話になった人は祖父母でもいいかもしれませんね。孫の晴れ舞台をいっしょに歩けるというのはとてもうれしいことではないでしょうか。

 

親族でなくても、サプライズ的に親友にお願いするなどというのももちろんアリです。お色直しが2回ある場合などは家族と友人といったふうに分けてもいいですね。お願いをされる側もとてもうれしいものなので、自分が大好きな人、お世話になった人には遠慮せずにお願いしてみましょう。

 

またエスコート役は当日まで秘密にしておくというパターンが多いので、ゲストにはうれしいサプライズでもありますね。感動的でとても素敵な演出のひとつだと思います。ぜひあなたの大切な人と、かけがいのない時間にしてください。