1.5次会での和服の注意点

和婚というスタイルも人気のなか、ゲストとして1.5次会や結婚式に参列する人も、和服を着ていきたいと思うこともありますよね。どちらかといえば洋服の方が全体的な数としては多いですが、和服を着て出席したいときの注意点をいくつかご紹介します。

 

まず注意したい点は、やはり色やデザインです。和服は花嫁も着る可能性が高いものなので、まず色などは被らないように確認しておきましょう。もちろん花嫁よりも目立ってしまう柄や色のものはNGです。花嫁の親族が着るであろう黒や花嫁の色である白は控えましょう。柄についてはおめでたいということが想像できるものならば大丈夫です。季節なども考慮して選ぶとよりよいかと思います。

 

また振袖を着る場合の袖の長さには注意が必要です。大振袖というもっとも袖の長い振り袖は、もっとも格式高いものです。つまり花嫁が着る場合があるということです。この場合は袖が短いものを着るのがマナーですので、事前に確認するかはじめから大振袖よりも袖が短い中振袖を着ておくようにしましょう。
これらがなんだか面倒だと思う人には「訪問着」を着ていくのがいいでしょう。袖が短く、着やすい衣装であるとともに準礼装となるので結婚式には適した和服です。また未婚・既婚を問わずに着ることができるので使いやすい和服です。

 

ゲストとして和服を着るのは少し敷居が高いような気もしますが、立場と和服の種類、柄などに気を使えば全く問題はありません。事前にチェックをして、ぜひ素敵な和服を着て出席してください。