お子様メニューの気遣いをしよう

1.5次会や披露宴において可愛らしいお子様ゲストの参加というものはとてもこころがなごみ、いいものですよね。ゲストのほとんどは大人だと思いますが、もちろんお子様へのおもてなしも忘れてはなりません。特に気になる料理はどのようにすればいいのでしょうか?

 

お子様にはコース料理などではなくプレートなどで用意するのが一般的ですが、年齢によって食べられる量が違いますよね。ですのでまずは参加予定の親御さんに、お伺いを立てるのがいいと思います。まだ幼くそんなに食べないとわかれば小さなプレートがいいでしょうし、小学校高学年などになって普通の量を食べきれるのであれば大きめのものを用意するべきでしょう。また年齢は同じくらいでもよく食べるお子様とそうでないお子様もいるので、細かく確認をするとよりていねいですね。アレルギーがないかどうかもしっかり確認しておきましょう。

 

飲み物やデザートも、お子様メニューのなかに含まれている場合や、別に請求をされる場合があるので、内訳がどうなっているかを式場側に聞いておき、納得したうえで注文をするようにしたいですね。ひょっとしたら量的に必要ないメニューまで含まれているかもしれません。

 

アレルギーなどを除くとほとんどすべて同じ内容の大人の料理よりも、お子様の料理の決定は大変なことです。何よりも大切なのはゲスト、式場への確認作業です。おもてなしの差が出る部分でもあるのでしっかり行い、すべてのゲストに満足してもらえるような料理を用意してください。