マリッジブルーとその乗り越え方

入籍や結婚式を控え、いざそれが近づいてくると不安でいっぱいになり、おちいってしまうことがあるマリッジブルー。多くの人が通る道ではありますが、それが原因で結婚式やその準備がうまくいかないことも多々あるようです。そこで今回は、マリッジブルーを経験した先輩花嫁さんの声なども含めどう乗り越えるべきかという方法をいくつがご紹介します。

 

まずは、結婚の意味をもう一度よく考え、決意を新たにすることです。結婚というものはふたりだけの問題ではありません。今まで自分たちに関わってくれた人への感謝、お世話になった親族、仲のいい友人の方たちの顔を思い浮かべ、自分たちの結婚でその人たちがどういった思いをするのかというところを一度考えてみましょう。そうすることでまた気持ちを新たに頑張れた、という声も多く聞きます。

 

次に自分の気持ちを抱え込まずに吐き出すことです。パートナーとの衝突でマリッジブルーになってしまう人もいますので、そういう人は結婚式経験のある友人に相談したり、気持ちを聞いてもらったりすると気分が晴れることもあるでしょう。近くに相談できる人がいない場合は自分のSNSやブログを限定的に公開するなどして大切な人だけに読めるようにして気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。あらためて文章にすることで自分の気持ちに整理がつき、意外と冷静になれるという声もありました。

 

あえて忙しくするというのもいい方法です。マイナスなことを考える暇がないくらい準備や仕事を頑張ることで乗り切ったという人も多くいるようです。いざ結婚式をしてしまえば大多数の人が「してよかった」と思うものです。それまで頑張って走り続けるのも乗り越え方のひとつです。

 

マリッジブルーは精神的なものなので、解決策が具体的にあるわけではなく、一番は気持ちをどうもつかということになってくると思います。ひとりで辛い時は誰かを頼る、気分が落ち込む時は何か紛らわすことをするなど当たり前のことが乗り越える近道だと思います。もし悩んでいる方がいれば少しでも参考になればと思います。