根強い人気の名前詩

1.5次会や披露宴のウェルカムスペースで、新郎新婦の名前を使ったポエムが描かれた色紙のようなものを見たことがないでしょうか?それは名前詩といって、結婚式関係には人気のアイテムです。その名のとおり名前に関連したオリジナルの詩が書かれるのが一般的です。

 

基本的には、業者に発注をして作成してもらいます。ふたりの名前を伝えれば、準備はそれだけで大丈夫です。目にすることも多いアイテムなのですが、オリジナリティを出したいときは業者選びが大事です。たとえば、紙以外のものでも作成をしてくれる業者などはいかがでしょうか。業者によっては扇子にポエムを書いたり、お酒のラベルに書いたりと色々なものに対応できる場合もあります。自分たちの好きなカタチで残したいというカップルはぜひ探してみましょう。また、このアイテムに書いてもらいたいというものがある場合は業者に相談して書くことができるのか聞いてみるのもいいでしょう。意外と対応してくれる場合もあるので聞いて損はないと思いますよ。
ポエムに加えて似顔絵を入れるのも人気の演出。自分の顔が描かれるのは恥ずかしい気もしますがせっかくの記念なので名前詩に加えて入れてみてもいいかもしれません。

 

また、名前詩は新郎新婦から両親への贈り物とするのも素敵です。感謝の気持ちが一番伝わるのは、やはり何らかのことばにすることですよね。直接言うのが恥ずかしいという人もいるでしょうからオススメの方法です。より家族の絆が深まるきっかけになるアイテムでもあります。

 

名前詩の作品は結婚式会場でゲストに見てもらうのはもちろん、式終了後も家に飾ってその日を思い出すことができるようなとても思い出に残るアイテムです。みなさんの素敵な結婚式や結婚生活のためにぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。