1.5次会なのにご祝儀をいただいてしまった?

1.5次会を開催しようとするカップルの中には、「ゲストの方に負担をかけたくない」という思いを持っている人たちも少なくありません。なぜ1.5次会・会費制結婚式が一般的な披露宴よりもゲストの負担が軽くなるかというと、1~2万円程度の参加費を払えばご祝儀を渡す必要がないからです。

 

しかしボリュームを比べるとマイナーな部類であることは事実。実際、会費制結婚式に出席をしたことがない人だって多いはずです。そんなこともあってか、会費さえ払えばそれでおしまいなのに、それと別にご祝儀まで持参してきたゲストが多数いたというパターンもあるのです。
断ることができればいいのですが、差し出されたものを断ることができずに受け取ってしまったという人も。なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

 

やはりゲストが会費制結婚式に「不慣れ」であることが大きな原因だと思われます。初めて参加する場に、「本当にご祝儀はいらないのかな」、「服装はこれでいいのかな」、など不安を抱えて参加するゲストが多いということを覚えておきましょう。これは会を開く側の新郎新婦が、あらかじめ「私たちの会はこういうものなので、ご祝儀は一切不要です」といった旨を確実に伝えなければ解消されることはないでしょう。ゲストも当然知っているものだというスタンスでいるのはよくないということです。仮にその場でご祝儀をいただいてしまったとしても、後からお返しするか、それができなければ何か品物を贈り返すのがいいと思います。

 

このようなご祝儀問題は、新郎新婦が気を遣っていなければ案外起こってしまうものです。事前に断りを入れることは忘れないようにし、ゲストに安心して参加してもらえるよう心がけましょう。