バームクーヘンが引き菓子に人気な理由

結婚式は誰もが幸せな気持ちになることができる特別な時間ですが、その幸せをおすそ分けするには「引き菓子」をゲストへ贈ることが多いですね。私も色々な結婚式で引き菓子をいただいてきましたが、特に多いと感じるのがバームクーヘン。その人気の理由は何なのでしょうか?

 

まずはバームクーヘンが持つ意味が縁起がよく、結婚式にぴったりであるからというのは間違いありません。ドイツ生まれのバームクーヘンは、「木のお菓子」という意味があるとともに、年輪のように見える見た目から長寿の意味も込められています。日本ではそれをふたりの幸せが末永く続くようにというところにかけているのでしょうね。基本的に丸い形をしているので可愛くて安心感もありますね。

 

万人受けするお菓子であるということも大きな理由です。ゲストほぼ全員に同じ物を贈ることが多い引き菓子ですので、できれば好き嫌いが別れるものは避けたいですよね。不思議とバームクーヘンは誰に聞いても好きだと言われることが多く、この点では安心できるお菓子です。しっとりとした生地やバターなどを使ったやさしい味がそうさせるのでしょうか。確かにあったらついつい食べたくなるお菓子で、多くの人が迷ったらコレ!というのもうなずけます。

 

とてもシンプルなお菓子に思われがちですが、結婚式の引き菓子となると色々なブランドから選ぶことができるのも魅力です。具体的なブランド名などは調べていただければすぐに出てくると思うので割愛しますが・・・。甘さ、味、生地のやわらかさやしっとりさ、添加物など、さまざまな観点から考えるととても奥が深いお菓子です。なかなか食べることができないような自分たちの気に入ったブランドのものをゲストに食べてもらいたいですね。

 

同じ結婚式に出席した友人たちに聞いても引き菓子がバームクーヘンだとうれしいという声は多いように思います。王道だからこその安心感もありますが、選ぶ楽しさや縁起のよさも兼ね備えたバームクーヘン。ぜひみなさんの引き菓子の候補に考えてみてはいかがでしょうか。