1.5次会でゲストが割高だと感じるラインは?

一般的な結婚披露宴と比べると、ご祝儀がないため基本的には少ない費用で出席をすることができる1.5次会。特にゲストからすると助かるポイントではないでしょうか。しかしその会費もそれぞれで、これといって決まった金額があるわけではありません。ゲストが感じている相場や、高いと感じてしまうラインは一体どれくらいなのでしょうか?

 

料理や会場によってもちろん費用は変動しますが、平均して15,000円未満の会費になることが最も多いです。一般的な披露宴ならばご祝儀を3万円用意する人も多いと思いますが、ちょうどその半分以下と考えると安いと感じるかもしれませんね。しかしゲストへのおもてなしを、披露宴と同じようにおいしいコース料理やアルコール類が用意されている、引き出物が豪華・・・などといった想像をしていると、決してそうではない場合も多々あることをあらかじめ知っておいた方がいいかと思います。

 

それではゲストが高い、と感じてしまうラインはどれくらいなのでしょうか?ずばりそれは平均より上の費用、具体的には1万円代後半や、2万円に乗るラインです。こうなるとゲストは「普通の披露宴と大差ない」、「高めだけど料理や引き出物はきちんとしているのかな」というふうなことを考えてしまい、新郎新婦側のハードルは上がってしまいます。もちろんそれ相応のおもてなしができれば問題はありませんが、あえて費用を高めに設定していたりするとゲストに不満を与えてしまう大きな原因になってしまうので注意しましょう。