1.5次会に引き出物は必要なの?

平均会費が15,000円前後ともいわれる1.5次会・会費制結婚式。この会費制で実現するためには、引き出物をどうするかという点が大きく関わっています。そもそも1.5次会における引き出物はどのようにするのがいいのでしょうか?

 

会費制の1.5次会では引き出物ではなく、「プチギフト」を用意することが多いです。引き出物の相場は3,000円以上することが多いので、これを含んでしまうとどうしても会費が大きくなってしまいます。しかし会費が安いということはゲストも引き出物まで準備されているという期待感はもたないで、そこが一致しているぶんには全く問題ありません。
しかし何も準備しないというのもいけません。そこでのプチギフトです。名前の通り小さな贈り物なので、ちょっとしたお菓子などの場合が多く、幸せのお菓子として「ドラジェ」を用意する新郎新婦も多いです。プチギフト選びに迷ったら考えてみてはいかがでしょうか。

 

会費制で行われることが多い1.5次会ですが、ご祝儀制で行うことだってできます。年配や目上の人が多かったりする場合は、通常の披露宴のように行うこともあります。フォーマル寄りになるこのような場合は、きちんと引き出物を用意するのがいいでしょう。ご祝儀制でも準備する予定がないという場合は、料理や会場が、ゲストの方たちにいただくであろうご祝儀に比例しているか、しっかりと考えるべきだと思います。またゲストへの感謝の気持ちを現すものは引き出物だけではないので、それ以外の部分でゲストの方にかかる費用に相当する会を実現できる最大限の努力はするべきです。

 

1.5次会での引き出物の準備は、ケースバイケースという結論ですが、招く予定のゲストの顔ぶれや会のグレードが大きな要素になってくるということです。どちらにしてもしっかりとおもてなしの心をもって、ゲストに満足してもらえるような1.5次会の準備をしていきましょう。