結婚指輪のつけ心地を確かめよう

結婚生活を共に過ごし、長い間つけることにあるであろう結婚指輪。もちろんたくさんの種類がありますがみなさんはどのようなポイントを基準に選びますか?デザインや値段、宝石の種類などさまざまな観点から選ぶことができますが、今回「つけ心地」という点に着目したいと思います。

 

つけ心地のよい指輪を選ぶためには、もちろん試着が必須となってきます。お店で選ぶ際はデザインばかりに気を取られずに必ず試着をし、自分の指に合っているかを確認しましょう。指輪のサイズは一番指で太いとされる関節が通るように作られているので、関節と関節から下の部分との差がある人は指輪が回ってしまうかもしれないといったことも考えなければなりませんね。この場合だと回ってもおかしくないような360度どの角度から見てもデザインが変わらないタイプを選ぶのもいいかもしれません。

 

また日本人の指の骨格は欧米人と比べると細い人が多いとされています。外国ブランドや外国人向けに作られているお店で指輪を選びたい時は注意が必要です。個人的にいいなと思ったのは、日本人向けにリングのフォルムを作り、ストレスがないようなつけ心地を実現しているメーカー。リングの内側のエッジをとって丸みをもたせることで圧迫感のないつけ心地になり、薬指が快適に感じられるというものです。何となく輪っかになっていれば指に入るだろうという考えをお持ちの方はリングの形状にまで気を使って選ぶとより自分にぴったりなものが見つかると思います。

 

どうしてもデザインの方に目がいきがちな結婚指輪ですが、リングの幅や厚み、先ほどお話ししたエッジのカットなど、つけ心地に対するこだわりもたくさんあるものです。末永い付き合いになるものなので、店員さんともよく相談して、よりよい「つけ心地」の結婚指輪を選んでください。