今や仲人を立てない結婚式が主流

みなさんは結婚式の「仲人」という役割があることを知っていますか?若い方ならば、知らないのも無理はありません。仲人とは新郎新婦だけでなく両家の間をとり持つ重要な役割を担う人のことを指すのですが、最近では仲人を立てない結婚式がほとんどです。

 

仲人を立てる、立てないという問題がもし発生するとしたら、それは親世代以上の人たちとのギャップではないでしょうか。仲人が減ってきたのは1990年代と言われていますが、現在では1%前後にまでなっています。減ってきた理由としては、両家の間をとり持つということや両親と顔合わせをするなどというときに、現在では本人たちだけで解決できる場合がほとんどだからです。昔はお見合いによる結婚が今よりも多かったことから、本人たちもお互いを良く知らないということもめずらしくありませんでした。そのような場合には仲人に相談して結婚式に関するさまざまなことを決定していくというスタイルが一般的だったのです。
現在は恋愛結婚が主流になっているので、結婚式の前の段階から本人たちで話し合いなどができている場合が多いため、仲人の必要性を感じていないのでしょうね。

 

もし仲人を立てる場合にメリットは何かあるのかというと、両家の間に何か問題があったときなどに仲裁に入ることができるということです。たとえば親を交えたトラブルであった場合は、本人たちから説得するよりも中立な立場の仲人が話し合いや説得をすることで両家の親も聞く耳をもってくれ、丸く収まる場合も多いかと思います。
また、「仲人は親と同じ様なもの」と言われることもあるくらいです。ふたりが結婚生活で悩みなどが出てきた場合でも相談できる心強い人になってくれることは間違いありません。仲人はそれほど深く、ふたりのお世話をする人なのです。

 

現在では頼まれ仲人といって結婚式のときのみ媒酌人をするのがほとんどですが、古くからいわれる仲人という人はイチからその未来まで、ふたりのお世話をする責任あるものだったということを覚えておいてもいいですね。