結婚生活で財布のヒモをにぎるのは妻?

生活していく上ではもちろん、結婚後も何かと必要になってくる「お金」。恋人時代はある程度好きなことにお金を使えたけど、結婚するとそうはいかないということが多いものです。結婚後の生活で、妻がお金を管理するというのはよく聞く話ですが、実際どのようにしているのでしょうか?

 

「結婚してから妻が変わった」というのはよくある話ですが、それをお金の問題で感じるという夫の声は非常に多いです。たとえば、将来のことを考え堅実にコツコツとお金を貯めるようになったというパターン。自分だけのお金という考えから、ふたりの大事なお金という意識が芽生える人も多いようです。しかしいつでも節約!などといった考えではかえってストレスになる部分もあるので、たまの旅行や結婚記念日などは少し奮発をするというメリハリを大事にするといいかと思います。

 

またよく聞くものとして、夫のお小遣い問題があります。毎月◯円と計画的に決めることはいいことだと思いますが、余裕があるのにその額を少なくしすぎたり、厳しいルールで縛ったりしてしまうと夫のストレスや喧嘩の原因にもなりかねません。自分たちのお給料の額や将来的に貯めなければならないお金を考え計画を話し合い、双方が納得したうえでお小遣いを決めていくなどしていきましょう。

 

これは珍しいパターンかもしれませんが、結婚後にだらしなくなってしまう人も少なからずいます。結婚式や入籍を済ませて安心してしまい、色々なことがずさんになってしまうようです。専業主婦をしているはいいものの夫の給料で無駄遣いをしてしまうようでは目も当てられません。財布のヒモは妻!と考える男性も少なくないですが、要注意。夫でもしっかりとお金の状況は把握するようにしておきましょうね。

 

結婚生活では切っても切れないお金ですが、妻の力だけでなく協力することが何よりも大事です。力を合わせ長い結婚生活を豊かなものにしていきましょう!