お子さまゲストも楽しめる会場とは?

人数の差はあれど多数のゲストを招いて開催することになる結婚披露宴や1.5次会。その中にはお子さまのゲストがいる場合も多いですよね。彼らからすると、結婚式の内容がいまいち分かっていない場合も多いのですが、大事なゲストのひとりには変わりはありませんよね。そんなお子さまゲストに楽しんでもらうにはどのような準備や演出をすればいいのでしょうか?

 

まずはお子さまが座る席。ご両親が常に抱っこしておかなければならないほど小さいならば話は別ですが、彼らの席もひとり分として用意しておきましょう。ここでお子さまへのおもてなしとして、年齢を考えてお菓子や、静かに遊べるおもちゃなどを用意しておくと喜んでくれます。特に小さなお子さまは慣れない場所で退屈してしまうと機嫌も悪くなってしまいますので、そういった気を紛らわすアイテムはできるだけ用意してあげましょう。お菓子でしたら年齢に合わせて食べやすいもの、おもちゃでしたらキャラクターものやお絵描き、折り紙のセットなどがオススメです。

 

またお子さま専用のくじやゲームでプレゼントをするといった演出もできます。よく友人参加のブーケトスやくじがありますが、そのお子さまバージョンといったところでしょうか。やはり自分が直接参加できるものの方がお子さまは単純に楽しいと感じます。簡単なゲームとお菓子などの景品を用意し、全員に行き渡るようにしておきましょう。もしリングボーイや花束の贈呈などでお手伝いをしてもらった場合はそのお子さまにも忘れずにプレゼントを用意し、できれば好きな物をリサーチしておいてそれに合ったものをプレゼントできればベターです。

 

お子さまゲストへは小さな気遣いが必要にはなってきますが、そこをするしないでみなさんの結婚式の満足度も変わってくるはずです。ゲストの中でも特別な存在であるお子さまゲストですが、自分が子どもだったらこんなことがうれしい、など考えて、せっかくならば楽しく素敵な体験をさせてあげましょう。