サプライズでのプロポーズの失敗談

女性ならば結婚の前には誰もが「されてみたい!」という願望をもつプロポーズ。もちろんしっかりとプロポーズ→婚約→結婚という流れをくむのは今の時代でも主流です。ここで大事なのは男性側の姿勢。どうやってプロポーズをしようか・・・。という人のために、考えている人も多いであろうサプライズでのプロポーズの注意点をご紹介します。

 

サプライズという予想していないタイミングでのプロポオースは確かにうれしいかもしれませんが、たとえば寝起きであったり、彼女の体調がよくないときであったり、相手の準備ができていないときに行うのはうれしさよりも「なぜ今?」という残念な気持ちにさせてしまいます。サプライズの中にもふさわしいタイミングというものがありますので、まずはそこを見極めてくださいね。

 

また、プロポーズという人生の一大イベントにおいては、彼女側ももちろん多少なりともおめかしや準備をしたいものです。「今日プロポーズをするよ」と伝えてしまってはサプライズになりませんが、彼女側の雰囲気などを読み取りタイミングを決めるのもひとつの思いやりです。

 

サプライズの計画を綿密に決めすぎるのもよくありません。自分だけでなく彼女の行動や気分も含めたものとなれば、何が起こるか分からないからです。使うお店や行く場所、プロポーズのタイミングなどは決めておく必要がありますが、行動やセリフまでこと細かに決めていてはそれに縛られて緊張してしまいますし、その予定通りにいく保証もありません。何が起きても対応できる臨機応変な計画を立てておきましょう。

 

最後に彼女の好みや価値観を履き違えないことです。よくある失敗談としては、盛大なサプライズをしようとしてフラッシュモブなどの他の人からも注目されてしまうようなプロポーズを行うも、それが「ふたりだけの場所でプロポーズをしてほしかった」という彼女の気持ちに反していて上手くいかないなどといったもの。お付き合いをしている間に彼女の価値観を知ったりどんな人なのかというのは分かってくるものですが、プロポーズだからと舞い上がってしまう男性もいるようですので、ご注意を!