ドレスの試着は母娘で行こう

結婚式には欠かせない花嫁の衣装。ウエディングドレス和装といっても種類が多く迷ってしまいますよね。好みも大事ですが自分に合っているかというのもとても重要なポイント。そういうときには客観的な意見が参考になるものですが、自分のお母さんにアドバイスをしてもらってはいかがですか?

 

ドレスの試着はカップルで行ったという声が多いですが、それに負けないくらい多いのが「自分のお母さんと行った」というもの。一番近くで娘を見てきて、育ててきた人だからこそできるアドバイスがたくさんあるから心強いんですよね。「彼とだと少し恥ずかしい部分もあるし、もし似合っていなかったら言ってくれるのかな・・・?」という不安を持つ人もいるかと思いますが、親子、特に母娘間というのは本当にハッキリものを言うものです。好きなデザインでもイマイチならイマイチと正直に言ってくれることでしょう。自分だけでは決めきれないという人はぜひお母さんの意見も大いに参考にして衣装選びをしてみましょう。

 

お母さんに試着に同行してもらうことは、母娘のコミュニケーションをとることができるというメリットもあります。普段からよく親と会ったりしている人でも、結婚式の準備というのは人生で数少ない特別なものです。嫁に行く前の娘と、試着をはじめとした結婚準備ができることは親としてもとてもうれしいものではないでしょうか。思い出話やこれからの結婚生活に向けての話など、このときしかできない話もたくさんありますよね。親孝行にもなりますしこれからの糧にもなるチャンス。ぜひこの機会にふたりの楽しい時間を過ごしてはいかがでしょうか。