結婚式・急な欠席の連絡とマナー

大切な友人などの結婚式は、おめでたく心待ちにしてしまいますが、直前になりやむをえない理由で欠席しなければならなくなることだってあるかもしれません。そのようなとき、きちんと誠実でマナーにのっとった行動ができているでしょうか?

 

友人同士の関係であるならば、基本的には招待状が送られてくる前に電話やメールなどで、出欠確認の連絡があると思います。そこで出席の意思を伝えて、招待状を送ってもらうのが一般的です。しかしなにが起こるかわからないのが人生というもので、出席の返事をした後でやむをえない不測の事態が起こってしまうこともあるわけです。その多くは不祝儀によるもの。主に身内の不幸などを指します。この場合は、まずは直接新郎新婦に連絡することが先決です。直前になると料理のキャンセル料もかかってしまいますので、不祝儀だといってもお詫びのことばはしっかりと伝えましょう。また、ここではお祝いの場に持ち込まないよう、理由もはっきりと言う必要はありません。「いたしかたない理由」などと濁すことがマナーでありますので覚えておきましょう。しかし友人との関係性によっては打ち明けても問題ないこともあるかもしれません。時と場合を考えて判断してください。

 

また仕事の都合などで欠席しなければならなくなった場合も、同じように直接連絡をしましょう。この場合は理由もできるだけ正確に隠さず伝えた方が誠意が伝わります。納得する理由をしっかりと話すことは必ず行いましょう。

 

急な欠席となると、連絡後の行動も大事になってきます。きちんとした大人の対応はというと、渡す予定だったご祝儀をしっかりとお届けする、電報を送る、といったことです。ご祝儀の額は欠席の旨を伝えた時期によって変わることもありますが、目安としては新郎新婦側にキャンセル料が発生すると思われるくらい直前であった場合は全額、そうでない場合は自分の料理額などを引いたくらいの額が相場です。場合によってはお金ではなくプレゼントでもいいですので、しっかり気持ちをこめたお祝いをするようにしてください。
電報は会場に連絡するかインターネットでも簡単に手配ができますので、お祝いを当日に伝えたいときはぜひ準備してください。

 

どうしても出席できなくなってしまう理由ができることは仕方がありません。しかしその後の行動やフォローで間違ったことをしてしまうと、新郎新婦とのその後の関係性が悪くなってしまうことだってあり得ます。急な欠席でどうしよう?となってしまったときは今回ご紹介したことを意識して、誠意のある行動をとってくださいね。