沖縄の結婚式の特徴

日本の「南国」といわれると多くの人がイメージするであろう沖縄。国内でのリゾート婚にも人気の沖縄ですが、地元での結婚式となると、関東や関西では考えられない様なスタイルで行われることが多いようです。今回は少し変わった沖縄の結婚式の特徴をご紹介いたします。

 

まず沖縄の結婚式の披露宴ですが、人数が多いのが最大の特徴です。招待客は少なくとも150名くらいになるといわれています。200名以上というのも普通で、多い場合には300名を越えることもあります。そうなってくるとかなりの大人数ですよね。
その代わりなのかもしれませんが、ひとりあたりのご祝儀が1万円程度で(身内などになると3万円程度)、平均3万円前後の一般的な式と比べると少なめです。そのため大人数を呼ぶスタイルが定着しているのかもしれませんね。それに近所付き合いなども本土と比べると多そうですし、濃い関係な人も多いという理由もありそうです。

 

また開催場所としては結婚式場やホテルが最も多いようです。やはり大人数であることが多いとあっては広い会場が使用されることがほとんどですね。ホテルで挙げる場合は料金が高くなる傾向にあるようで、結婚式にこだわっているというイメージになります。
また会場での料理は円卓のターンテーブルで用意される場合が多く、各自で取り分けて食べる方式です。こちらに関しても人数を考えた時に準備が効率的になるということが大きく関係しています。

 

沖縄といえば陽気で明るいイメージがありますが、結婚披露宴でもそのイメージ通り、終盤になると伝統的な踊りを踊ります。参列者は老若男女関係なくみんなで踊るので、沖縄外から参加したとしても同じように踊るのが吉なので覚えておきましょう。

 

これらのことから考えると沖縄という土地のイメージ通り、楽しそうな結婚式ですよね。費用は一般的な結婚式と同じように200~300万円に落ち着くことが多いようです。いろいろな地域の風習を覗いてみるのも楽しいですね。もしかしたら自分の式を楽しくするようなヒントがあるかもしれませんよ。