男性とマリッジブルー

結婚を予定しているカップルの多くが陥ってしまうといわれているマリッジブルー。どちらかというと女性にありがちだと思われていますが、男性はどうなのでしょうか?

 

結論からいうと男性ももちろんマリッジブルーになってしまうことはあります。具体的な理由、時期としては、プロポーズの前に「断られないだろうか?」という不安、家庭を持つことへの不安などが多いようです。また相手の両親に挨拶に行くときなども緊張や考え過ぎで強いストレスを感じてしまうという人も。解消するためにはパートナーとよく話し合ったり、気持ちを再確認し合ったりと気持ち的に安心することがとても大切です。また結婚のことがどうしても頭から離れないというときは何かスポーツなどで身体を動かしたり、好きな趣味に没頭するなどして一時的に忘れたり結婚に感じているストレスを解消するようにしましょう。

 

男性の場合、パートナー(女性)のマリッジブルーを解消してあげるというのもとても大切です。女性は男性以上にマリッジブルーになりやすく、その悩みも大きいものです。名字が変わってしまうということ、家族と離れてしまうこと、仕事と家事を両立すること、出産のこと・・・。書ききれないほどの不安を抱えてしまうものです。
こういったときに気にかけて話を聞くだけでも違ってくるものです。ひどい場合は女性から相談しているのに「どうにかなるよ」など軽い感じであしらってしまう男性もいますが、こういったことはこれからを一緒に暮らすパートナーとしてしてはいけません。しっかりと向き合ってふたりで乗り越える方法を見つけ、努力をしていってくださいね。

 

自分自身とパートナーのマリッジブルー。それを乗り越えなければならないので男性も非常に辛い思いをすることがあると思います。しかし幸せな結婚生活のためにも踏ん張りどころです。無理をしすぎずに、自分と相手としっかり向き合っていってくださいね。