披露宴では音楽を何曲くらい用意すればいいの?

結婚式だけでなく人の生活に密接に関わる「音楽」。知らないうちにさまざまな音楽に触れながら生活している私たちですが、結婚という特別なできごとに使用する音楽は自分たちでぜひ選びたいものですよね。しかし結婚式・披露宴のプログラムを見ると意外とたくさんの曲が必要、と気付く人もいるでしょう。

 

オーソドックスな結婚披露宴のプログラムを見てみると、迎賓、新郎新婦の入場、オープニング映像、祝辞、乾杯、歓談、中座〜お色直し(再入場)、キャンドルサービス、ケーキ入刀、友人代表スピーチ、花嫁の手紙、花束贈呈、送賓・退場・・・。人によって増減はあるかと思いますがこのようなところでしょうか。
そしてスピーチ系を除くとほとんどの場面で何らかのBGMが流れていることになります。そう考えると意外と多く平均でも30曲以上といわれています。

 

しかし歓談の時間などはゲストも流れている音楽に聞き耳を立てるということはあまりありませんので、そこは式場にお任せするといったこともできますね。入場や映像など、ゲストにばっちりと注目される場面では、ふたりでこだわりや思い出のある音楽を選ぶ場合が多いですね。それを考えるとやはり10曲以上は新郎新婦が選んで決定する必要がある場合が多いので、場面と音楽を想像しながら候補を上げておきましょう。

 

なかなかに大変な作業かもしれませんが、まずは気軽な気持ちで、好きな音楽をどんどん挙げていきましょう。思い出の曲でもいいでしょうし、王道でいきたいという人はプランナーさんに聞いてみたり検索をすれば意外とすぐに集まりますよ。そこから披露宴のこのシーンに合いそう、というものがあれば候補にするといったように楽しみなが選んでいきましょう。