招待状にもこだわろう

結婚式の招待状は、披露宴やパーティーにゲストお招きするときに使用することになるペーパーアイテム。紙といえどもゲストの手に渡る大切なものなので、せっかくならばセンスよく、自分たちらしく仕上げてみたいと思いませんか?

 

日時や場所、出席確認さえ書いていればその役割を果たすことはできますが、招待状のデザインによっては、ゲストにさまざまな印象を与えることができます。シンプルにカチッとしたデザインならば格式高く正統派な結婚式をイメージするでしょうし、デザイン性を加えたり、ふたりの趣味を織り込んだりすればおしゃれだったり、趣味を生かした結婚式なのかな?と少しわくわくさせることだって可能です。

 

では一般的に招待状はどのように作成しているのでしょうか?主に式場に依頼する、ペーパーアイテム専門の業者を使う、手づくりをするといった選択肢があります。デザインや凝りたい箇所があっても、どれを選んでも対応はできるという認識でいいかと思います。しかし式場に依頼する場合だとテンプレートに当てはめるだけとなってしうこともあるので要確認です。

 

自分たちらしさを出したいならば、専門業者に相談し、希望のデザインを伝えるというやり方もいいかと思います。専門なだけあってたくさんのデザインを見ることができますし、料金を抑えることもできるかもしれません。また自分で作成したデータを送り、印刷をお願いするといったことも可能です。

 

業者でも好みのデザインが作れそうにないという場合は、手づくりをするしかありません。手づくりならば完全オリジナルで何の成約もありませんので好きにすることができますね。もちろんそれなりの技術が必要ですので既製品をアレンジしたり、自信がある場合に行うようにしましょう。

 

大事な結婚式をお知らせする招待状。意外とこだわりを発揮できるものなんですね。ゲストにより結婚式を楽しみにしてもらえるよう、一番自分合った方法で作成してください。