キャンドルサービスの意味とは?

結婚披露宴の終盤、新郎新婦がお色直しなどをした後に行われることが多いキャンドルサービス。会場の誰もが注目するシーンでもありますが、どのような意味が込められているのかをみなさんはご存知でしょうか?

 

まず起源からみてみると、1970年頃とされており、そこまで古い歴史があるというわけでもありません。洋風なイメージからも想像がつくかと思いますが、ヨーロッパが発祥だといわれています。ある貧しい村のカップルが、結婚することになりましたが、そのようなお金はなくあきらめていたときに村の人たちが小さな結婚式を用意してくれました。
そのお礼として村の人たちのテーブルにまわってキャンドルに火をつけていきました。「みなさんにも幸せが訪れますように」という願いを込めて火をつけたそうです。その意思が現在になっても受け継がれており、キャンドルサービスとして行われているようです。

 

キャンドルには「献身的な愛」「無償の愛」という意味もあるので、結婚するふたりにはまさしくぴったりな存在です。ゲストのテーブルをひとつひとつをまわってキャンドルサービスをするのには、あいさつのためだけではなくゲストへのお礼の気持ちをこめ、幸せを願うという意味合いもあったのですね。

 

結婚披露宴では欠かせないキャンドルサービスですが、起源や込められた意味を知るとより心を込めて行うことができると思います。ぜひ幸せな愛の灯火をともしてください。