ご祝儀の額と結婚式の費用

地域や人数によって差はあれど、平均で300万円前後の料金が必要になる結婚式。そのお金を自分たちがゲストからいただくご祝儀でまかなおうと思っている人も多いですよね。そこでご祝儀のお金と結婚式の費用に対して、どのような考えを持っているでしょうか?

 

「費用はご祝儀でトントン」などということばを聞いたことがありませんか?ゲストからいただくご祝儀を結婚式の費用にあて、プラスマイナスゼロにする、ということです。もしそうなれば自分たちの負担金はなくなるということなので、ありがたいことですよね。しかし最初からそれを狙い、あらゆる面を節約しようとするカップルがいることがあります。悪い言い方をすればそれは「結婚式をケチる」ということ。

 

それが悪いことだとはもちろん言えません。大事なのはどこを節約するか、そしてどんな意図をもっているかということです。節約するポイントを食事、サービスなどゲストの満足度に直結するところに当ててしまうと、それは当然ゲストにも気付かれ、あまりいい結婚式だったとはならないでしょう。また「あまり手出しをしたくない」「あわよくば黒字にしたい」、こういった思いをもって結婚式をするのもよくなく、そういった意図はゲストにも伝わってしまうものです。

 

ご祝儀の額は3万円前後が相場とされていますが、もちろんそれより高いことも低いこともあります。予想以上に親族からの額が多かったということもあるでしょうがそれはふたを開けてみなければ分からないことです。やはりご祝儀頼みの準備はしない方が気持ちのよい結婚式になるかと思います。